reason

創建社の家は「安心」「安全」だから選ばれています。

安創建社が採用するツーバイフォー工法は、2011年の東日本大震災で優れた耐震性を示しました。

ツーバイフォー工法は剛性の高い床版や壁版などを組んでできる強固な六面体構造の住宅をつくります。2011年の東日本大震災では地震による建物の変形が要因での全壊はゼロ、半壊は2件で、全体としては98%以上が「被害なし及び多少の被害」という優れた耐震性を示しました。
また、弊社で使用するツーバイフォーパネルは、弊社関連会社である株式会社サフレで緻密な設計伝達により制作されており、より安心と安全をを追求した家づくりに貢献しています。

創建社が採用するツーバイフォー工法

創建社の家は心地よい「全館空調」だから選ばれています。

空創建社が採用するZ空調(全館空調)は「夏暑くて冬が寒い」という日本の家の常識を変えます。しかもイニシャルコスト(初期費用)もランニングコストもとってもおトクです。

導入コストも電気代も高額となる全館空調を独自技術により、「家中隅々まで快適、しかも経済的」という相反する価値を提供する新しい冷暖房システムです。 個別空調では温度差が生じる廊下・玄関・卜イレを含め、家全体を一定温度に保つことができて快適です。しかも、急激な温度差が原因とされるヒートショック、冬の冷えや夏の睡眠障害、結露が原因となるカビによる健康被害等を抑えます。

創建社が採用するZ空調(全館空調)

創建社の家は「ゼロ エネルギーを目指したスマートハウス」だから選ばれています。

電創建社がご提案するのは電気自動車(EV)と太陽光発電システム(PV)と電力会社(系統)の電気を混ぜて使用できる「SMART VH2」の採用したスマートハウス。

電気自動車(EV)と太陽光発電システム(PV)と電力会社(系統)の電気を混ぜて使用できる「SMART VH2」の採用して、新しい発電、給電、蓄電の仕組みがこれからの家族の暮らしに必要な安心と快適をお届けします。また停電しても電気自動車(EV)にためた電気が生活をバックアップします。

創建社が採用するスマートハウス

創建社は常に「お客様目線で考える」から選ばれています。

解創建社のお打ち合わせは「お客様の願いを理解する」ところから。

「どんな暮らしをしたいのか」「どんな気持ちで生活していきたいのか」という「想い」は、お客様によってそれぞれ違います。 親戚でよく集まる、音楽を楽しみたい、本格的な料理を作りたい、邪魔されることなく家で仕事をしたい、など、何故そうしたいのかという「想い」についての話をよく伺い、何から何までお客様の決定にお任せするのではなく、専門知識を持ったパートナーという気持ちでご提案もさせていただきます。創建社さんとの打合せは楽しい、と言っていただけるのが目標です。

創建社のデザインおしゃれ